地下防水・地下止水の技術で社会基盤を支える有限会社正和工業

採用情報

お問い合わせ

塗装工事

コンクリート構造物を守る地下防水工事

地下にコンクリートを打設する際は、躯体内部への水の侵入を防ぐと共に塩分などを含んだ水から躯体を保護することが必要不可欠です。地下を有効利用する場合は地下防水工事をしておくことが大切です。

コンクリート構造物を守る地下防水工事

先やり防水と後やり防水

ビルの地下や地下施設など、地下にコンクリート構造物をつくる場合、地下水から躯体を守るために防水工事が不可欠となります。従来の後やり防水に加え、「外型枠省略工法」の場合の先やり防水施工も多く施工しています。

先やり防水工事

掘削した山留め壁面に対して、躯体を打つ前に防水層を施すことを先やり防水といいます。地下構造物を建築する際に 「外型枠省略工法」が採用される場合は先やり防水施工となります。

先やり防水

後やり防水工事

従来の建築方法で、躯体完成後、外側から防水施工を行います。
通常、この後埋め戻しを行い、地下施設となります。

後やり防水

地下防水の種類:各種シート防水

改質アスファルト系シート防水

土木工事用に開発された改質アスファルト系シート防水材は、建築用と違い、大型構造物への対応、防水性能、耐久性を高め、取扱いにも配慮されています。

日新工業地下外壁防水工法「カスタムPA」について

改質アスファルト系シート防水

ページトップ